• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > トヨタが最も恐れる敵の正体とは…? カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    16年2364社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    システム化して管理・間接作業者の工
    数削減をしたいけど…
    どこをシステム化すれば投資対効
    果が高いかわからない…などなど
    あなたの現場システム化のお悩みを
    毎月限定 3 社のみ無料現場診断!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    IoTを駆使して、
    -設備稼働率の自動収集
    -生産出来高の手書き日報排除
    -生産進捗のリアルタイムな見える化
    -設備保全レポートの集約管理と予防保全
    への移行
    したい方は他にいませんか?

    もし、あなたの現場が
    まだ手書きで作業日報を
    記入しているとしたら…
    工場全体の工数を低減させる
    大チャンスかもしれません…

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    おはようございます!
    カイゼン研究会の池田です。

    本日はふと目にしたある記事から皆様に情報をお届けしようと思います。

    さて突然ですがあなたに質問です。

    2019年3月期のトヨタ決算の内訳はご存知ですか?



    はい、以下が発表された通知です。

    売上高:30兆2256億円(前期比2.9%増)
    営業利益:2兆4675億円(前期比2.8%増)
    (営業利益率:約8.2%)

    もう今ではアメリカ市場も中国市場もかなり成熟してしまっているらしいですが、それでもダイハツと日野を合わせたグループ全体で1060万台(前期比1.5%増)。

    正直多過ぎでどれくらいの物量なのかがあまりピンときませんが…

    この中でも販売を牽引したのは中国のようで、前期比14%増の148万台ほどを販売したらしく、5/10までに日本国内メーカー6社が決算を発表したが営業増益はトヨタと三菱のみ、中でもトヨタのほぼ一人勝ちと言える数字をたたき出しました。

    なんなら2020年3月期は中国が伸びて過去最高台数(1074万台)を更新する予定というからまぁ驚きです…

    ただ皆様もご存知かと思いますが自動車業界を取り巻く環境は厳しくなる一方のようで、特に米中貿易摩擦の影響による関税増、材料価格の上昇、環境規制をクリアするためのコスト、などなどこれでもかというくらい色々と乗っかってきているようです。

    そりゃこれだけ色々あれば売上が下がるのは当然、と普通なら考えそうですが、ここでさすがトヨタです。

    カイゼンによりコストを下げ営業利益率8.2%というこの逆風をものともしない数字を確保しています。

    特に2015〜2019年というこの4年間は「トヨタらしさ」

    これを取り戻すべく、トヨタ生産方式(TPS)の推進やサプライヤーを巻き込んだ原価低減活動を進めたそうです。

    売上が低い時に実施するカイゼンほどそこには大きな価値があり、利益を生み出せると私は思っています。

    これを見るとさすがはトヨタだなと改めて感じざるを得ません。

    ちなみにこの数年自動車業界でぽつぽつと耳にする『CASE』というキーワードはご存知ですか?

    どうやらこの言葉は2016年のパリモーターショーにて、メルセデスベンツの会長を務めるディエターという人物が中長期戦略の発表中に用いたのに端を発しているらしいです。

    意味はこんな感じ↓

    Connected(接続性)
    Autonomous(自動運転)
    Shared & Services(共有)
    Electric(電動化)

    これら4つの単語の頭文字を取って並べたのが『CASE』というわけです。

    このCASEへの対応にトヨタは今力をかなり入れているようです。

    と言いますか、自動車業界全体がこのCASEへの対応に力を注ぐのがすでにトレンドなのだと思います。

    このCASEの中でも特にS(Share)という部分については、この数年で徐々に浸透してきたのではないかと思います。

    車というのは「所有」する、というのが一般的な考え方かと思いますが、最近ではカーシェアリングやUberなど、所有していなくても共有することでそれを使うことができるような仕組みが構築され浸透してきています。

    Airbnbも家を共有しているわけです。

    トヨタもこのCASEへ対応する一環で、ソフトバンクやウーバーテクノロジーズなどと提携をしているようです。

    また8%を超える営業利益率は株主還元だけではなく、研究開発費や設備投資などにそれぞれ1兆円を超える額が充てられており、この額からも今後の活躍がまだまだ期待できます。

    と、ここまででは近年厳しくなる自動車業界においてもトヨタは頑張っている、すごいな、という感想しか出てきそうにないのですが、本日お伝えしたい内容はここではありません。

    本日あなたにお伝えしたいのは、これだけ波に乗っているトヨタは一体何に恐れているのか?
    という点です。

    あなたには分かりますか?

    テスラモーターですか?

    確かにイーロンマスク率いるテスラモーターは高級電気自動車として殴り込みをかけ、最近は手の届きそうな価格帯の自動車も出そうとしているようですがここではありません。

    じゃあ中国系の自動車会社?

    あとは業界を飛び越えてどこかの会社?

    違うんです。

    トヨタが恐れているもの

    戦うべき相手

    それは

    「社内の慢心」

    だそうです。

    どうでしょう

    あなたはこれを聞いてどう思われましたか?

    敵は会社ではなく、社内にいると考えているのだそうです。

    口だけじゃないの?

    いえ、実際にこの敵と戦っているのです。

    どうやら今年の春闘では賞与の回答は夏しかでず、冬については継続協議になったよう。

    理由は経営側による「トヨタの置かれている状況についての認識の甘さ」の指摘。

    普通なら満額支給されてもおかしくない程の業績をたたき出しておいてまさかのちょっと待って。

    「この業績なら満額回答だろう」

    という常識や慣例が慢心を生むと考えているため、今回のような決断をしたようです。

    もしかしたらこれを読んでいる方の中には、トヨタは遠い存在とか雲の上の存在だとか思い、戦っている相手が最初から違うよ、とか思っている人もいるかもしれないですが、違うのです。

    規模はどうであれ、トヨタだっていち会社です。

    そんな彼らは最も身近な存在である社員、いえその社員の慢心と日々戦っているのです。

    これは人を宝のごとく大切にする風土のトヨタだから言えることなのかもしれません。

    人財を大切にする、というのはただ甘やかすわけではない。

    共に成長しようとするからこそ、この慢心と戦うという発言がでるのだ。

    そう改めて感じさせられた一言を本日はご紹介させて頂きました。

    もしもこの言葉が心に染みた方、何か思う所があった方などは人財の育成に対してアンテナが高い方なのかもしれません。

    そんな方にはこの情報がお役に立てるかもしれません。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137B18240D80

    本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    現場カイゼン診断士 池田 竜貴

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ