• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > とりあえず「できます」と言ってみた結果… カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    15年2128社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    システム化して管理・間接作業者の工
    数削減をしたいけど…
    どこをシステム化すれば投資対効
    果が高いかわからない…などなど
    あなたの現場システム化のお悩みを
    毎月限定 3 社のみ無料現場診断!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    IoTを駆使して、
    -設備稼働率の自動収集
    -生産出来高の手書き日報排除
    -生産進捗のリアルタイムな見える化
    -設備保全レポートの集約管理と予防保全
    への移行
    したい方は他にいませんか?

    もし、あなたの現場が
    まだ手書きで作業日報を
    記入しているとしたら…
    工場全体の工数を低減させる
    大チャンスかもしれません…

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    おはようございます!
    カイゼン研究会の池田です。
    (私のプロフィールはこちら

    唐突ですが…これは今の私の相棒達です。

    はい、包丁です笑

    一番手前から

    ZWILLING J.A. HENCKELS 牛刀240㎜
    堺孝行 切付柳葉 240㎜
    関孫六 出刃 160㎜

    というラインナップです。

    包丁について詳しく詳しく話すと長くなるので今日は自粛致しますが…

    端から見て趣味と言えるレベルかどうかは分かりませんが、美味しいものを作るのが好きなので趣味を料理と言っています。

    元々は美味しいものが好きだったのですが、柔道を昔からやっているせいかかなりの量を食べます。

    でも美味しいものは高い。

    だから自分で美味しいものを安く作るというところが料理を好きになった原点の一つでもあります。

    それに自分で作った方が自分好みの味になりますからね。

    私は料理を習った記憶というのがあまりありません。

    ただ実家が定食屋だったので勝手口から入ると父と祖父が料理をしている姿をいつでも見る事ができ、それが私にとっては当たり前の光景でした。

    包丁の使い方もそんな姿を見ていた影響が強く出ています。

    しかし料理の仕方は実のところそこまで父などから習ったわけではなく、家が共働きだったので実家で兄弟3人で交代で料理を作るという環境が大きかったのだと思います。

    しかし実の所、私は最初から料理が趣味というわけではなく、家で食べる簡単な料理はできますが趣味と言えるレベルではありませんでした。

    私の場合、「趣味は料理と柔道です」ということを口に出して言い始めたのは就活からです。

    実際、大学時代などはサークルをする暇もなくバイトとレポートに追われていたので当時の私の実生活においては自分の趣味を口に出す機会なんてそう多くはありませんでした。

    仮に聞かれたとしても「ないですねー」と答えても何の不利益もありません。

    ですが就活ではそうはいきません。

    あなたの趣味は?

    と聞かれたら趣味や好きな理由、ひいてはそこから何を学んだのかまで話を膨らませなければなりません。

    自分の趣味を実生活でも「趣味は料理です」と言うようになったのはそれくらいからだと思います。

    しかし不思議な物で、自分の趣味をそう公表すると当時の同期から「今度何か作って欲しい」と言われるようになります。

    簡単な炒め物程度のものならできますが、人に食べてもらえるレベルのレパートリーはほぼありません。

    これはさすがにまずいと思い始め、そこからレシピを調べたり、はたまた料理学校に行ったりするようになりました。

    料理学校もいくつか行ってみましたが毎回、「何であなた来る必要があるの?」的なことを言われ 「レパートリーが全くないんです…」という恥ずかしいやり取りをしていました。
    (包丁は普通に使えるため出来そうに見えるのでしょう)

    そんなことを繰り返すうちに、今では普通に趣味を言えるようになってきました。

    ですがもちろん失敗もあります。

    先日もエビクリームコロッケを作ろうと思い挑戦したのですが、超スーパー盛大にしくじりました…

    揚げたら崩れて最後何食べてるのか分からなくなりました笑

    ちなみに宅飲みもたまに開催しております!

    こんな感じ↓↓↓

    実は最近バーで先輩と飲んでいる時にフルーツが食べたくなり、近所で買ってきたフルーツをカウンターに入れてもらって自分でカットしたのですが、それを見た先輩から「集中できるものが あっていいね〜」と言われたのです。

    私としては少し驚きでした。

    端から見たら集中しているように見えたようです。

    こういうものは無心で集中できるものは自分では気が付かないものなのだと感じた瞬間でした。

    私は最初から料理ができたわけではありません。

    今思えば自分の口から趣味が料理だと言い始めた頃が私のスタートラインだったように思えます。

    とりあえず今やれなくても口に出してみる

    これは他のことにも通じるものがあるのではないでしょうか?

    私は過去「出来もしないことを言うな」と言われたことがあります。

    確かにその通りです、だって嘘なのですから。

    しかしそれがあえて自分を鼓舞するための発言だったとしたらどうでしょう?

    大口を叩く人にも大口だけ叩くだけの人と、それを実現させるために努力をする人がいます。

    もし言ったとしても実現させるための努力をするのであれば私は口に出すことは実現の方法の一つとして ありなのではないかと思います。

    言ったことに対して後から自分で「これではやばい」と感じて追いつこうと努力をするようになる。

    スケールや種類が違うかも知れませんが、少なくとも私は料理という部分では今思い返してみて自分が料理を趣味として言えるようになったのは「口に出したおかげ」だと感じています。

    もしもあなたの現場でカイゼンを進めたいと思っているのなら、カイゼンを推進させたい人物がいるのなら、まずは口に出させたり目標を立たせることから始めてみては如何でしょうか?

    しかしただ言わせるだけではダメです。

    私の当時の同期の「今度何か作ってよ」という風な多少の突っ込みや煽りが必要です。

    この突っ込まれたり煽られた時が当人のチャンスです。

    きっと今口に出しているレベルと自分の今のレベルの乖離に気が付くときが必ずあります。

    しかし料理学校ならともかく、「現場カイゼン」という専門性の高い知識やスキルを勉強できるところはそう多くはありません。

    そこでもし、あなたがそのような学校を知らないというのであれば当研究会で開催している「カイゼン塾」があなたのお役に立つはずです。
    ↓↓↓
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137J2773D21

    気になる事があればこのメールに気軽に返信してくださいね。

    以上、今週も読んで頂きありがとうございました!

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    現場カイゼン診断士 池田 竜貴

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ