• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > あなたが設定した今年の目標が"本当に正しい目標"か確認する方法。 カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    15年2128社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    システ化導入を考えているけど...
    どこをシステム化すれ投資対効果が
    高いかわからない...などなど
    あなた現場システム化へお悩みを
    毎月限定 3 社無料現場診断いたします!

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    おはようございます。
    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店の鳥枝将光です。
    (私のプロフィールはこちら

    少し遅れてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

    予想外に寒い深センにてこの記事を書いています。(現在は1月9日の21:54)華南に来たのに、なんと最高10度、最低6度!

    まァ、上海は零下まで下がっているようなのでまだマシですが…。

    今週は日曜日から香港経由で深センへお邪魔しております。
    目的は今月から新規でスタートした現場カイゼン指導(設備保全中心)のためです。

    2017年は私自身、TPMや設備保全の勉強をたくさんしました。

    溜め込んだ知識を持った上で現場にてカイゼニストの指導を見ていると知識が繋がっていく感覚を覚えて心地よいですね。

    さて、今週の「Weekly 現場カイゼンブログ」をお届けいたします。
    これは、「トヨタ 仕事の基本大全」という中経出版社が発行している本の中から、生産現場、物流の現場でお仕事されている方々にお役に立てる情報を、毎週1回当研究会の研究員から配信するものです。

    「トヨタ 仕事の基本大全」という本の詳細はこちらです。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137H4563B55

    中文版は下記をご覧ください(京東のページに飛びます)。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137H4563C75

    今週はCHAPTER_7 LECTURE92の"「あるべき姿」に近づくための「目標」をつくる"です。

    さて、このメールがあなたに届く頃には2018年を迎えて既に2週間近く経ちますね。
    1年はざっくり52週間なので、残すところ50週です。

    1週間がどれだけ速く過ぎてしまうか?については既にあなたもご存じの通りでしょう。

    そして、新年を迎えると誰しも頭によぎるのは

    「今年はどんな1年にしようか(なるだろうか)」

    きっと、このメールを読んでいるあなたは既に2018年の目標を立てたのではないでしょうか?

    今回はそんな真面目なあなたのための「設定した目標が正しいかどうか?」を確認するための方法をお伝えします。(仮にまだ目標設定していなかったとしても参考になると思います)

    正しい目標かどうか?を確認するためのポイントを結論から先に伝えると…
    1. 目標が大きすぎないか?
    2. 障害発生時の対策を織り込んでいるか?
    3. あるべき姿(ありたい姿)に近づくための目標になっているか?

    上記の3つです、一つずつ簡単に解説していきます。

    1. 目標が大きすぎないか?

    これを判別するための簡単な質問があります。

    「もし、あなたが設定した目標を達成しなかった場合…
    2019年を迎える直前の12月31日に死にます」

    と言われたときに

    「この目標は無理かな…」

    と、感じたとしたらそれは設定した目標が大きすぎる、または達成するまでの具体的な道筋を描けていないことになります。

    誤解を恐れずに言えば、目標には大きいも小さいもありません。
    目標を達成する習慣をつける方が重要です。

    よくある失敗例は"毎日10㎞走る!"と口にしてみたものの、続かないパターンなどですね。

    2. 障害発生時の対策を織り込んでいるか?

    さきほどの"毎日10㎞走る!"が良い例ですが、さらに"あるある"なのは目標を設定しても障害発生時の対策が織り込まれていないケースです。

    あなたは"毎日10㎞走る!"と目標を設定し、初日はイヤ〜〜な気分で朝早めに起きて、ランニングを始めてみたとしましょう。

    初日は嫌だったものの、少しずつ走るスピードが上がったり、体が以前よりも軽くなったように感じ始めたその矢先、あなたを次に襲うのは…

    冷たい雨の日です。。。
    (目が覚めたら、寒い部屋と外から雨音のする薄暗い朝を想像してみてください…)

    「健康のためにランニング始めたのに風邪をひいては意味がないし…」
    「たまには休むことも大事じゃないだろうか…??」

    あなたを納得させるための言い訳はいくらでも思いつくわけです。

    なんとなく休みをいれると徐々にランニングの回数が減っていき…
    「寝過ごした…」、「ランニングに行く服が乾いていない…」、「今日は二日酔いだから…」
    などなど、言い訳が無数に増えて…最終的には継続しなくなります。

    なぜこうなるのか?

    答えは単純、目標設定の中に障害発生時の対策を織り込み忘れているからです。

    今回のパターンで言えば、
    「ランニングに行きたくない(または行けない)」

    といった、ことが起こった場合、
    ① ベッドから出て、外の空気を吸って、ストレッチ10分間したらランニング免除
    ② その場足踏みで3000歩達成したらランニング免除

    などなど、身体的、精神的障害発生してもあなた自身を"許す"ことのできる対策を織り込んでおけばいいのです。

    仮に①を実行していて、気分がノってくればランニングに出かけてもいいわけですよね。

    これを設定しておかないと、真面目なあなたは「自分は自分の約束すら守れないダメな人間だ…」と、暗黒面へ落ちてしまします。

    障害発生時の対策=自分を許すための逃げ道と理解してもらっても大丈夫です。

    私も私自身(鳥枝将光)と付き合いを始めて31年以上経ちました。
    さすがにいい加減自分の良い点、悪い点、クセ、行動パターンも理解できています。
    あなたに合わせた障害発生時の対策も目標に織り込んでください。

    3. あるべき姿(ありたい姿)に近づくための目標になっているか?

    これには2つ小さなポイントがあります。

    1)目標に対して心から達成するための「理由・目的」を準備できているか?
    改めてあなたの設定した目標に対して"なぜなぜ"をやってみてください。

    先ほどの毎朝10㎞ランニングを例に出せば

    「そもそもあなたは本当に10㎞ランニングを達成したいのか?そうだとすれば、なぜ?」

    仮に、最近出てきたお腹をひっこめるのために…目的毎朝10㎞ランニング…目標を設定したのだとしましょう。

    そもそも、目的達成のためにランニングしか方法がないのでしょうか?

    運動生理学的に言えば59分間のウォーキング=53分間のランニング=23分間の水泳は消費カロリーとして等価です。

    上記以外でもいくらでもお腹をひっこめるための方法は思いつきますよね?

    設定した目標が本当に正しい目標だったのだろうか?
    を事前にチェックしておかないと、せっかく設定したあなたの目標も…

    「そもそも本当に達成したい目標だったのだろうか?」

    と考え始め、土台から崩れてしまいます。

    2)あなたが本当に達成したい目的の通り道に目標があるか?

    トヨタの仕事の基本大全には以下のように書かれています。

    ――――――――――――――――――――――――――

    目標を決めるときに気をつけたいポイントがあります。
    それは「あるべき姿」と「目標」とは必ずしも一致しないということ。
    これは、特に問題解決をするうえでよく発生するミスです。

    (大きなあるべき姿ほど)ひとつの対策や目標達成では到達できないのが普通です。
    あるべき姿を実現するためには、通常、複数の目標を達成したり、ステップを踏んだりする必要があります。

    目標設定の段階では、「あるべき姿」を実現する目標ではなく、そこに至る過程としての目標を立てるのが原則です。

    ――――――――――――――――――――――――――

    出てきたお腹を引っ込めたい。

    あるべき姿を胴回りを96㎝以下に抑えたい…と設定したとして

    それに至るためには、
    摂取カロリーの見える化、基礎代謝量の把握、脂肪削減のための方策調査と策定、日・週・月のカロリーチェックと修正、鍛える筋肉の特定、鍛えたい部位に効果的なトレーニングの調査と実施、脂肪量・筋肉量の定期測定…
    などなど、小さな目標は無数に設定できます。

    ただし、"それらの目標を達成していくことであるべき姿に達成できるか?"を常に意識していなければ間違った方向に進んでしまいます。

    少し長くなってしまいましたが…改めて以下の視点であなたの設定した目標を見直してみてください。

    1. 目標が大きすぎないか?
    2. 障害発生時の対策を織り込んでいるか?
    3. あるべき姿(ありたい姿)に近づくための目標になっているか?

    あなたの現場が(あなたの2018年も)もっと良くなることを応援しています。

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店
    現場カイゼン診断士 鳥枝 将光

    PS.
    当研究会の門脇が絶賛実験中のファスティング(絶食)。
    1月7日〜12日、私はまるっと出張なので会社に寄れないのですが、どう変化しているのかちょっと楽しみです。(私もやれる自信はないものの、興味はあったので)

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ