• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > トヨタのリーダー教育の根幹となるもの カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    14年1861社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編-2017年-》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    こんにちは!
    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会の矢崎早人です。
    8月も中旬になると、暑さに身体がだいぶ慣れてきますね。

    今週の「Weekly 現場カイゼンブログ」をお届けします。

    自社の社長のみならず、他社の社長の社員への挨拶や薫陶の中に、

    「社員一人ひとりが社長になったつもりで、頑張ってほしい。」

    という趣旨の言葉を聞いたことはありませんか?

    私は日本で働いていた時代に、少なくとも5回くらいは聞いたことがあります。

    その度に、この会社のトップになったらどうするかなぁと一瞬考えますが、それはとても非現実的な話なので、すぐに考えることをやめてしまいました。

    現在、私は生産、物流現場カイゼン研究会のナンバー2の立場にいるのですが、この「社員一人ひとりが社長になったつもりで、頑張ってほしい。」と言いたかった社長たちの気持ちはよくわかります。

    日々指示されたことだけをこなすのではなく、また個人や自分の部署の立場¥だけでなく、もっと会社全体の視点やお客様の立場で考えて積極的に行動してほしいということだと思います。

    しかし、現実は、かつての私もそうであったように、社員が社長になったつもりで考え行動することは非常に難しい。その立場になってみないとわからないことは多いですよね。

    「トヨタ 仕事の基本大全」のCHAPTER 1 LECTURE01「一人ひとりが『リーダー』になる」には次のようなことが書かれています。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137G1754B55

    ----------------------------------------------------------------

    そう、トヨタには、世間一般で言うようなカリスマは存在しないのです。
    その背景には、トヨタが社員のことを「コスト」(人件費・費用)ととらえず、「人財」として扱ってきたことが関係しています。

    ----------------------------------------------------------------

    当研究会もたくさんのトヨタOBとの付き合いがありますので、現在カイゼン塾の講師を担当いただいている平栗先生に実際のところを聞いてみました。

    平栗先生のプロフィールはこちら↓
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137G1754D7

    平栗先生によると、「社内はカリスマだらけだ」だそうです。

    つまり、一人ひとりがリーダーの自覚を持って仕事をしているという意味です。

    実際に本の中にも同じようなことが書かれています。

    ----------------------------------------------------------------

    トヨタの現場には「班長」「組長」「工長」といったリーダーが存在しますが、彼らがチームの中心となって、組織を引っ張っていく。強いて言えば、トヨタはそういった面々がカリスマになるような会社です。

    ----------------------------------------------------------------

    続けて、私は平栗先生に質問しました。

    トヨタではどうして、誰もがリーダーの自覚をもって仕事をするようになるのですか?

    言い換えると、トヨタのリーダー教育の根底にあるものは何か?という質問です。

    平栗先生によると、それは「問題解決」なのだそうです。

    物事を自分のこととして捉え、どこに問題があるかを探り出し、真の原因を見極め、それを解決して成果をだしていく姿勢がトヨタのリーダーを育んでいるというのです。

    その具体的な方法は、

    1. 真の原因をつきとめる→なぜなぜ分析
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137G1754C38

    2.問題解決の手順(進め方)→QCストーリー
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137G1754C39

    3.チームで成果を出す→QCサークル活動(小集団活動)
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137G1754C40

    になります。どれも聞いたことがある手法ではないでしょうか?
    そして、トヨタだけでなく、多くの他社の生産、物流の現場で実施されていることと思います。
    私は最近、トヨタのQCサークル活動の発表資料を見る機会があったのですが、問題設定と解決までの流れもさることながら、チームメンバーの若手をいかにやる気にさせて、その能力を引き出し、結果に結びつけたかを重点的に説明しているところがとても印象的でした。

    QCサークル活動を通じてリーダーが育成されていく様がよく理解できました。

    しかし、一方で、このような手法(なぜなぜ分析やQCサークル活動)は、うまく進めていかないと表面的で形式的な活動に終始してしまうことがあります。

    これは要注意です。

    例えば、なぜなぜ分析がそうです。

    最初から答えを決め打ちしてしまい、そこに向かって無理やり「なぜ」をはめ込んでいってはいないでしょうか?

    まずは正しい知識と正しい使い方を身につけてから、実践していくことが重要だと思います。

    平栗先生によると、トヨタでは大きな問題が起こったときは、管理者たちがなぜなぜ分析を徹夜で実施して再発防止策を考えるそうです。

    このような「問題解決」に対する真摯な取り組みがトヨタのリーダー教育の根幹を成しているのだと思います。

    今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

    P.S.
    なぜなぜ分析、QCストーリー、QCサークル活動の正しい知識と正しい使い方を異業種のメンバーと一緒に学べるチャンスがあります!

    ご興味のある方はぜひ下記をご覧ください。

    TPS(トヨタ生産方式)を基礎から固める現場カイゼン塾【実務者編】は
    10月24日、25日スタート
    ↓↓↓
    詳細はコチラ

    TPMを学び設備を故障したら修理する、から故障を予防し保全する
    担当者育成を行う現場カイゼン塾【設備保全・管理者編】は
    10月26日、27日からスタート
    ↓↓↓
    詳細はコチラ

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    矢崎早人

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ