• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > 通訳との上手な付き合い方 カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    14年1861社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編-2017年-》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    中国で工場を運営するあなたがこれを読まずに「業務のシステム化」を進めてはいけない3つの理由。それは…
    100万円相当の業務フローをプレゼント!

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    こんにちは!
    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会の矢崎早人です。
    暑いですね!
    「Weekly 現場カイゼンブログ」をお届けします。

    私も含めて日本人の多くは'日本語って難しい'と感じているのではないでしょうか?
    婉曲的な言い方や間接的な言い回しなど、多彩な表現がある一方で、本当は何を言いたいのかわからない時もあります。

    日本人は自分の気持ちをストレートに言わない傾向がある、とも言われますよね。

    しかし、上海で長く生活していると、そういう日本語をあまり話さなくなります。
    とにかくダイレクトに自分の要求を伝えないと、相手に理解されないからです。

    日本から出張で来られている日本人や現地に赴任したばかりの日本人の方とお話ししていると、曖昧な表現の多さに戸惑いを感じることがあります。

    日本人は英語に対するコンプレックスが強く、英語を話せないことを恥ずかしいと思う人が多いようです。
    一方、中国語に対してはそれほどコンプレックスもなく、話せなくても恥ずかしいとは感じないのではないでしょうか?

    そして、中国には本当にたくさんの通訳(日本語が話せる中国人)がいます。
    つまり、通訳がいるので、中国語が話せなくてもそれほどコミュニケーションには苦労しないと感じるのです。

    中国に進出している日系企業では、日本語通訳として採用されている中国人が多くいます。最近は旅行で日本に行ったことがある人も増えてきましたが、数年前までは日本に行ったことがないけど、通訳の仕事をしている若い人が多かったです。

    通訳は単に言葉を変換するだけではなく、コミュニケーションを仲介するのが仕事ですね。

    優秀な中国人通訳は、ただ言葉を訳すだけではなく、日本人の習慣や価値観などの背景を理解し、それを知らない中国人に向かってわかりやすい表現を選んで、時には解説を加えながら説明していきます。

    優秀な中国人通訳であれば、曖昧な表現の多い日本人の話す内容も、うまくローカルスタッフに伝えていくことができます。

    しかし、そのような優秀な中国人通訳は非常に稀です。

    一般的に、通訳は日本人の言っていることがわからない場合、自分のわかる範囲だけを中国語に訳して話します。

    本来の日本語の内容にはたくさんの意味が含まれていても、中国語になったときはかなり限定的になっていたり、時には意味が変わっていたりすることもあります。

    それを通訳の能力の問題にするのは簡単なことですが、実は話している日本人側にも大きな問題があると言えます。

    つまり、日本人もできるだけわかりやすく話す必要があると思うのです。

    2016年12月21日に日本の中央教育審議会から出された「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」というものがあります。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137F9805C36

    この答申では、2020年の学習指導要領の改訂によって国語教育の改善・充実を図っていくことが謳われています。その中で、新しく追加される科目の一つが「論理国語」です。

    「論理国語」…多様な文章等を多面的・多角的に理解し、創造的に思考して自分の考えを形成し、論理的に表現する能力を育成する。

    ちょっとわかりにくいので、実際の論理国語のテキストを見てみると、論理的に表現することの基本は、

    1. まず結論を話す(主語と述語を明確に)
    2. なぜなら、、、とその理由を話す

    ということのようです。

    当たり前といえば当たり前ですが、通常の日本語の話し方は先に理由を説明して、最後に結論を話すことが多いですよね。

    そういう話し方で中国人の通訳に伝えていくと、通訳は日本人が何を言いたいのかわからないまま中国語に訳していき、最後になってようやく結論がわかるということになります。

    それよりは先に結論を話し、その上で理由を説明していく方が、通訳も相手もわかりやすいと言えますね。

    海外で仕事をする日本人にとって、通訳は非常に重要なパートナーです。
    日本人は通訳に向かって話をするのではなく、通訳を通じて相手に話をするようにしなければなりません。

    通訳の存在が気にならないくらい相手とコミュニケーションできるようであれば、通訳とのよいパートナーシップが構築されていると言えるのではないでしょうか。

    そのためにわかりやすい話し方をすることはもちろん重要ですが、それだけでなく、もっと関心をもって通訳と接していくことが大切だと思います。

    「トヨタ 仕事の基本大全」のCHAPTER 6 LECTURE76「関心をもって対話する」には次のようなことが書かれています。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137F9805B55

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------

    「私のいた部署ではラインで組立をしているので、作業の区切りがついたところで、部下の名前を呼んで声かけをしてまわりました。『○○くん、元気か』とこの程度です。しかし、これを毎日1時間ほど続けていると、声の調子と顔つきで、体調や精神面がわかるようになります。声の調子が悪いと『調子がわる いのか』『嫁さんとケンカでもしたか』と声をかけると、『風邪気味で』『実は、朝、ケンカをして』といった答えが返ってきます。」 こうして一人ひとりに声をかけてまわることで、部下は自分が関心を持たれていることをうれしく感じて、モチベーションも上がります。

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------

    これは通訳だけに限らず、ローカルスタッフとの接し方にも共通する取り組みですね。
    簡単な言葉くらいは現地の言葉で話しかけられたら、相手のモチベーションはもっと上がると思われます。

    今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

    P.S.
    生産、物流現場の運営について、自社の通訳にも予備知識をもってもらう必要があると感じられていますか?その場合は下記をご参照ください。

    TPS(トヨタ生産方式)を基礎から固める現場カイゼン塾【実務者編】は
    10月24日、25日スタート
    ↓↓↓
    詳細はコチラ

    TPMを学び設備を故障したら修理する、から故障を予防し保全する
    担当者育成を行う現場カイゼン塾【設備保全・管理者編】は
    10月26日、27日からスタート
    ↓↓↓
    詳細はコチラ

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    矢崎早人

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ