• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > 先輩に笑われた新人の話 カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    14年1861社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編-2017年-》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    おはようございます!
    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会の池田です。
    私のプロフィールはこちら → https://a.k3r.jp/a_sol/37137F6037B96

    上海の春は短い

    上海歴の長い人は皆口を揃えてこう言いますが最近それを肌で実感し始めています。。。

    本メールは毎週1回、当研究会の研究員が「トヨタ 仕事の基本大全」という中経出版社が発行している本の中から、生産、物流の現場でお仕事されている方々のお役に立てる情報を配信させて頂いております。

    今週はChapter 5 Lecture 68 「リーダーが「見る」から部下は育つ」をテーマにお話をさせて頂きたいと思います。

    「トヨタ 仕事の基本大全」という本の詳細はこちらです。
    https://a.k3r.jp/a_sol/37137F6037B55

    さて本日はある一人の日本人の新人時代のお話をしたいと思います。

    その新人君の仕事は設備のサービスエンジニアです。
    設備の据え付けから修理、また現場での不具合を工場へFeedbackしたりする仕事です。

    つまり設備についての知識を付けなければ仕事になりません。

    その新人君が最初に配属されたのはあるアメリカの会社にだけ販売する新規装置の開発部署でした。

    まだ初号機の開発段階だったのですが開発工程、つまり上流から現場を熟知したサービスエンジニアが携わればよりUsabilityの高い製品ができる、という思想からの采配でした。

    その部署のサービスエンジニアは新人君とその先輩の二人でした。

    その新人君は新規装置という響きと海外との仕事ができる、という事でとてもやる気を持っていました。

    「まずは先輩から色々教わるためにコミュニケーションをとろう!」
    「新人なんて知らなくて当然。だったらたくさん質問をしよう!」
    「色々質問できるのも新人のうち!」
    「怒られるなら新人のうちに!」

    しかしそんな想いとやる気へ抱えていざ配属されてみると…

    その先輩はとても優秀な方で英語もペラペラで仕事もできます。
    しかし過去に後輩を持ったことがありません(年齢は40歳くらい)。
    つまり私が一人目の新人でした。

    まずその先輩で苦労した事はコミュニケーションが全く取れないことです。

    新人君は右も左はおろか、本当に何も分かりません。

    知っている人も周りにいなければ頼れる人もいない。

    そんな中で唯一知っているのはその先輩のみ。

    だったらまずはその先輩とコミュニケーションを取って信頼関係を構築する事が第一歩、と新人は考えました。

    新人君は仕事の事はわからないのでとりあえず世間話でコミュニケーションを図ろうとしました。

    しかし驚くことに全く会話が続きません。

    会話を続ける気がないのではないか…
    もしかしたら私と距離を詰める気がないのでは…

    あまりに会話が続かなくなってきたためそんなことまで考えるようになってしまいました。

    また仕事でも何か分からないことを質問しに行きます。

    すると

    「そんなこともわからないの?笑」
    「お前大丈夫か?笑」

    これで終わりです。

    ここで教えてくれる、もしくは怒られるくらいならまだよかったかも知れません。

    しかし教えもせず、怒りもせず。

    ただ笑われました。

    新人は思いました。

    「やる気のあるうちにたくさん色々教えて欲しいのに…」
    「自分はいる意味があるのだろうか」
    「辞めたい」と。

    しかしその新人君は直属の先輩からは仕事は教われないと思い、別の先輩(技術部ですが)を見つけて少しずつ設備のことを教わり、仕事を覚えていきました。

    その新人君は1年間先輩と仕事を共にしましたが、結局先輩と打ち解けることはありませんでした。

    ちなみにその新人君ですが、今は上海でとても良い先輩や周りの人に恵まれ楽しく仕事をしているそうです。

    関心を持たれない辛さ…

    トヨタ仕事大全でも以下のように書かれています。

    -----------------------------------------------

    しかし、自分の部署に配属された新入社員を簡単に辞めさせたくないと思った高木は、毎朝5分〜10分、その新入社員と1対1でミーティングをするようにしました。



    「彼に限らず若い子は大きな伸びしろをもっています。
    上司がいつも見ているというメッセージを送り続ければ、その思いに応えようと大きく伸びてくれるものです。

    -----------------------------------------------

    新人君を全て肯定するわけではありませんが、部下は部下で色々思うところがあります。

    そういった考えを察知するためには「日々のコミュニケーション」というのは一つの大事なツールなのではないかと思います。

    部下も上司から関心を持たれていない、と思う方がきっと辛いはずですから…

    さて、ここから少し営業をさせて下さい!笑

    少しニッチですがとても大事な現場の設備マンの育成についてのセミナーを開催します!

    設備マンというのは生産系とはまた違った系統です。

    「なんかこいつら違うなー…」
    「正直彼らをどう扱っていいのか分からん!」

    こう思う方は少なくないと思います。

    これはそんな方たちのためのセミナーです!!

    中国人の設備に対するマインドを変えます!

    このセミナー、6月に開催した時は約60人の方に来て頂きましたが、今回はなんと中国語翻訳付き!

    中国人の設備に対する意識を少しでも高めたいと思っている方!

    半日100元で是非マインドを変えてあげて下さい!!

    -------------------------------

    設備保全管理者育成セミナー

    日時:6月1日 13:00〜17:00予定 12:30開場・受付開始
    場所:古北皆喜交流中心(上海市古北南路号创新园区3号楼4F)
    席数:限定50席のみ!! (そろそろ満席が近づております…)
    言語:日本語と中国語の通訳付き資料は日本語または中国語でご準備いたします
    費用500元/人 → 100元/人前払いとなります
    ※日頃のご愛顧への感謝割引です
    ※さらに返金保証付き

    講師
    カイゼニスト 平栗公雄トヨタ自動車OB
    講演テーマ①TPMで儲ける企業体質に。
    講演テーマ②設備保全とは
    講演者紹介https://a.k3r.jp/a_sol/37137F6037D7

    現場カイゼン診断士 鳥枝将光現場カイゼン研究会
    講演テーマあなたの部下があなたの思うように行動できない理由と対策。
    講演者紹介https://a.k3r.jp/a_sol/37137F6037B

    ※セミナー/講演タイトルは若干変更する可能性がございます。

    -------------------------------

    【お申し込み方法について】

    お申し込み希望の方は下記2つの方法より申し込みが可能です。

    オンライン登録ページより申し込む

    下記のURLより参加希望者の情報をご入力ください。
    ↓↓↓
    オンライン登録ページはこちら日本語版
    オンライン登録ページはこちら中国語版

    ※オンラインページでは1名ずつのお申し込みとなります。
    同時に複数名の登録ができません
    登録完了後、自動的に申し込み完了メールが配信されます。
    ネット環境により登録画面に接続しにくい場合がございます
    その際はお手数ですがメールにてお申し込みをお願い致します。

    メールによるお申し込み

    ・ご参加予定人数
    ・御氏名参加人数分
    ・御社名
    ・お電話番号セミナー当日連絡のつく番号代表1名のみで構いません

    上記をご記入いただき、件名にセミナー参加希望と記載しmarketinga-solsh.comへ今すぐご連絡ください。

    -------------------------------

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店
    池田 竜貴

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C
    *********************************************************

    ご連絡は中国からは400-640-1765フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544

    受付時間は平日9:00〜18:00までです。

    担当:門脇 日本語、中国語両方OKです!!

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131C0
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F0912B69
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861F1131B59
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ