• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > 一体いつになったら設備マンの育成は終わるんだろう… カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    14年1861社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編-2017年-》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    自ら保全活動を行い、カイゼンを提案してくれる設備マンの育成方法を手っ取り早く3時間半で知りたい方はもういませんか?


    中国の多くの現場が生産設備を間違った使い方で運用しています。
    「いや、私は正しく使用している!」とおっしゃる方もいるかもしれません。
    確かにその設備を使用して生産をしているわけですから、正しく使われてはいると思います。
    しかしその設備、時々故障しませんか? 故障したら直している?
    確かに設備が故障してしまったら生産ができなくなってしまいますから、故障したら直す、ということは必ずやらなければなりません。

    ではここで一つ質問をさせて下さい。

    設備を使うこと(生産すること)と設備を運用すること。

    この二つの違いをあなたの現場の設備担当者は答えられますか?

    あっ待って下さい! 答えを言う前に少し私の昔話をさせて下さい。

    私は以前、半導体製造装置メーカーでフィールドエンジニアをしていました。
    (サービスエンジニアとも言いますね)
    私のプロフィールはこちら → https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730B96

    ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、フィールドエンジニアを簡潔に説明すると、自社製造の設備をお客様の工場へ据え付けたり、トラブル対応や設備の使い方を教育するなど、アフターケアをするエンジニアです。

    そこで私は「生産現場は戦場の最前線である」と教えられました。現場経験のある方なら大げさではないことを分かって頂けると思います。

    そこである日、私は設備の定期メンテナンス(保全)のやり方をお客様へ教育する、という仕事をしました。その時私は正直、「何か地味な仕事だな、面倒くさいな」と思ってしまいました。「設備がトラブった時に設備を復帰させる 仕事の方がやりがいがあるし、かっこいいし、自分の存在価値が上がる!」と新人ながら思っていました。

    この事を飲みの場でうっかり先輩にこぼしたところ、こんな事を言われました。

    「設備を使う事と運用する事は違うからな。定期メンテナンス(保全)も含めて設備を使う、という事が設備を運用するって事だからな。定期メンテナンス(保全)も立派な大事な仕事だぞ。」

    言っている事はわかりましたが、正直理解はしていませんでした。

    定期メンテナンス(保全)の教育後のある日。
    現場で定期メンテナンスをしていた担当の方から呼ばれて設備の方に行ってみると、「この部分、不具合ではありませんか?」と指摘をされました。
    調べてみると設計ミスであることが判明しました。今までは何とか破損事故のような重大トラブルにならずに稼働していただけで、いつトラブルが起こっても不思議ではない状況でした。

    しかしこの定期メンテナンス(保全)によって重大なトラブルが起こる可能性を未然に防いだのです。

    この時、先輩から言われた
    「設備を使うことと設備を運用することは違う」
    という意味を初めて理解することができました。

    もうお分かりですね?

    保全をしない設備はただ生産に使っているだけで運用している、とは言えません。
    生産から保全まで含めて初めて【設備を運用している】と言えるのです。

    ではなぜ多くの人が保全をしないのか?

    例えば、あなたは自宅で炊飯器を使ってご飯を炊きますね。
    これらの炊飯器は本当に優秀で、常に美味しいご飯をあなたに炊いてくれます。
    ではこの炊飯器、あなたは洗わずに毎日毎日使っていますか?
    ご飯粒が残ったままのお釜でまたご飯を炊きますか?
    私はちゃんと洗います。あなたもきっとご飯を炊く前はお釜を綺麗に洗うはずです。

    設備もこれと同じではないでしょうか?

    「毎日美味しいご飯を炊いてくれて本当にありがとう!」という気持ちでお釜や蓋を洗い、最後にさっと外側を拭いてやる。そうやって毎日大事に使っていれば炊飯器もきっとそれに答えて長くあなたに美味しいご飯を炊いてくれるでしょう。

    設備だってちゃんと定期メンテナンス(保全)をしてあげれば長くあなたに良品を提供してくれるのです。

    設備の保全は地味。
    修理する方が断然かっこいい。
    自分がいなければ修理ができないから自分の存在価値、重要度が上がる。

    確かに現場から頼られるのはとても嬉しいものです。
    以前私が見た記事にもこんなことが書いてありました。

    「仕事はその人を重要人物にしてくれる」

    つまり設備担当者にとってトラブル対応は自分の重要度を上げてくれる重要な仕事。だけど保全は重要度を上げてくれない重要度の低い仕事。こういう心理が少なからずあるのだと思います。
    私も過去思っていましたし。。。

    あなたやあなたの部下にも多少なりとはそういう経験はありませんか?

    では保全の仕事の重要度を伝えるにはどうしたら良いのでしょうか?
    保全の意味や魅力をどうしたら理解してくれるでしょう?

    もし一人一人が「何故保全を行うのか?」を理解すれば、自ら進んで保全を行うようになるはずです。そうすればきっと未然にトラブルを防ぐ保全の仕事にも魅力を感じてくれるはずです。

    ではどうやってその魅力を伝えるのか?

    設備屋というのは職人気質の方が多い職種でもあると思います。私にも経験があります。そういう人は指示しても中々やってくれません。

    ではここで少しポジティブに考えてみましょう。

    その人達が真に保全の意味、そして魅力を理解した時どうなるか?
    その意味、魅力を伝える方法が分かったら、、、
    何かすごい事が起こると思いませんか?

    職人が本気になった時のバイタリティはすごいんです!

    その保全の意味、魅力をいかに伝えて設備保全、管理者を育成するのか。
    この方法をお教えするセミナーを開催します。

    -------------------------------
    設備保全管理者育成セミナー

    日時:3月2日 13:30〜17:00(予定)
    場所:古北皆喜交流中心(上海市古北南路1838号创新园区3号楼4F)
    席数:限定50席のみ。 残り6席です!
    言語:日本語のみ(自社の通訳を帯同することは可能です)
    費用:500元/人 → 100元/人
    ※2月22日までにお申し込みの方のみへの紅包特別割引!!

    講師:
    1.カイゼニスト 平栗公雄(トヨタ自動車OB)
    講演テーマ:これからの中国で設備故障を予防し生産性をあげるための方法
    講演者紹介:https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730D7

    2.システムカイゼニスト 小野泰介(現場カイゼン研究会 技術部 部長)
    講演テーマ:現場カイゼンをするための工場IoT講座(設備稼働率の収集法)
    講演者紹介:https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730B83

    3.現場カイゼン診断士 鳥枝将光(現場カイゼン研究会)
    講演テーマ:これから、たった3ヶ月であなたの部下が自ら設備保全を推進する方法
    講演者紹介:https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730B

    ※セミナー/講演タイトルは若干変更する可能性がございます。
    -------------------------------

    【お申し込み方法について】

    お申し込み希望の方は下記2つの方法より申し込みが可能です。

    ①オンライン登録ページより申し込む

    下記のURLより参加希望者の情報をご入力ください。
    ↓↓↓
    オンライン登録ページはこちら

    ※オンラインページでは1名ずつのお申し込みとなります。
    (同時に複数名の登録ができません)
     登録完了後、自動的に申し込み完了メールが配信されます。
     尚ネット環境により登録画面に接続しにくい場合がございます。
     その際はお手数ですがメールにてお申し込みをお願い致します。

    ②メールによるお申し込み

    ・ご参加予定人数
    ・御氏名(参加人数分)
    ・御社名

    上記をご記入いただき、ikeda@a-solgp.comへご連絡ください。
    -------------------------------

    このセミナーは日頃ご愛読頂いている皆さまへのお礼として、セミナー参加費用を100元に設定させて頂きました。
    しかし今回はさらにこの100元の返金保証もおつけします!

    ただでさえ赤字のこのセミナーですが、「100元でも高い!」と値段にネックを感じている方のための返金保証です。これは皆さまに満足して頂ける自信があるからこそできることです。

    2017年3月2日はあなたの現場の保全の歴史が変わる
    第1日目です


    もちろんセミナーに参加すればあなたが半日会社に不在になり交通費もかかります。
    しかし100元で参加でき、返金保証までつき、何より明日からでもすぐに自社で展開できる情報が持ち帰れるのです。そう考えればお安くありませんか?

    残り6席です!

    あなたにとって記念すべき1日目にするため、ご参加をお待ちしております。

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店
    池田 竜貴

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)
    やITを活用して解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730C
    *********************************************************

    生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店
    現場カイゼンサポートチーム 池田 竜貴
    M/P +86-186-0174-6691

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    〒204-0021 東京都清瀬市元町1-1-10清瀬ビル215B
    Tel: +81(0)42-494-8270  Fax:+81(0)42-494-8271

    帝訊信息技術(上海)有限公司(a-Sol上海)
    上海市長寧区金鐘路658弄東華大学国家大学科技園2号楼A座301
    Tel: +86-(0)21-6440-1765 or 6432-5544
    Fax:+86-(0)21-6432-6768

    A-SOL HONGKONG COMPANY LIMITED(a-Sol香港)
    Suite 2203,Level22 Office Tower, Langham Place8 Argyle Street Mongkok,
    Kowloon Hong Kong
    Tel: +85-(0)2-34234664  Fax:+85-(0)2-34234500

    株式会社a-Sol Japan
    〒204-0021 東京都清瀬市元町1-1-10清瀬ビル215B
    Tel: +81(0)42-494-8270  Fax:+81(0)42-494-8271

    a-Sol (Thailand) Co.,Ltd.
    24 Prime Building. 12 Fl., Unit A, Sukhumvit 21 (Asok) Rd., Klongtoey-Nua,
    Wattana, Bangkok 10110
    TEL : 66 (0) 2-661-7697 FAX : 66 (0) 2-661-7739 MP:+66-62-590-0830
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730C

    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730B69

    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!◉
    https://a.k3r.jp/a_sol/1861E9730E4
    **********************************************************
    この定期カイゼン通信の配信停止をご希望の方は下記より手続きを受け付けております。
    メール配信解除はこちら

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ