• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > 無料進呈:中国人向け「なぜなぜ5回分析法」のテキスト5名限定でプレゼント!!! カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    16年2364社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    システム化して管理・間接作業者の工
    数削減をしたいけど…
    どこをシステム化すれば投資対効
    果が高いかわからない…などなど
    あなたの現場システム化のお悩みを
    毎月限定 3 社のみ無料現場診断!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    IoTを駆使して、
    -設備稼働率の自動収集
    -生産出来高の手書き日報排除
    -生産進捗のリアルタイムな見える化
    -設備保全レポートの集約管理と予防保全
    への移行
    したい方は他にいませんか?

    もし、あなたの現場が
    まだ手書きで作業日報を
    記入しているとしたら…
    工場全体の工数を低減させる
    大チャンスかもしれません…

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    こんにちは!
    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会の矢崎早人です!
    (矢崎の詳細プロフィールはこちら! http://china.a-solsh.com/staff_details04.html
    ※このメールは上海から発信しております。

    「なぜ」を5回くり返す分析法は、「なぜなぜ5回」や「なぜなぜ分析」などと呼ばれていて、トヨタに関連する仕事をしている方には非常になじみ深い手法だと思います。

    これは、大野耐一さんの著書「トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして」(ダイヤモンド社 1978)の中で、「なぜ」を5回繰り返すことができるか?という記述がルーツのひとつになっていると思います。

    大野さんは、機械が動かなくなったという問題を事例として、下記のように「なぜ」を5回くり返しています。

    ①なぜ機械は止まったか?
    →オーバーロードがかかって、ヒューズが切れたからだ

    ②なぜオーバーロードがかかったのか?
    →軸受部の潤滑が十分でないからだ

    ③なぜ十分に潤滑しないのか?
    →潤滑ポンプが十分くみ上げていないからだ

    ④なぜ十分くみ上げないのか?
    →ポンプの軸が摩耗してガタガタになっているからだ

    ⑤なぜ摩耗したのか?
    →ストレーナー(濾過器)がついていないので、切粉が入ったからだ

    そして、真の原因はストレーナーを付けていないことなので、対策としてストレーナーを付けることで問題が解決するとしています。

    この「なぜ」を5回くり返す方法を通じて、大野さんは表面的な問題追及ではなく、深く考えることの重要性を説いているのだと思います。そして、この思考方法から自働化や平準化生産などの発想を得たと書かれています。

    この書籍が出版されてから40年近くが経とうとしている現在、この思考方法は一般的な手法として定着し、不良などの問題発生の対策書や報告書等のフォーマットになっていると思います。

    この「なぜ」を5回くり返す手法は、簡単なように思えますが、実際にやってみるとけっこう難しいことに気が付きます。

    まず、5回も「なぜ」を繰り返すことが困難です。
    (必ずしも5回でなくてよいという議論もあります)

    それはまだ思考が浅いからだ!と思う一方で、本当にこれで正しいのか?

    と不安になったりもします。

    実際に、方向性を間違えると、とんでもない所に行きついてしまいます。

    例えば、こんな感じです。

    <問題>通路で作業員が転んだ①なぜ転んだのか?
    →通路に油がこぼれていて滑ったから

    ②なぜ油を避けられずに滑ったのか?
    →油がこぼれていることに気が付かなかったから

    ③なぜ気が付かなかったのか?
    →昨日徹夜して疲れていたから

    ④なぜ徹夜したのか?
    →ずっとゲームをやっていたから

    ⑤なぜゲームを止められなかったのか?
    →新しいゲームが出て楽しかったから
    <対策>ゲームは夜9時までしかやらないことにする

    この内容を対策書に書いてお客様に提出すると、かなりの高い確率で怒られると思います。。。

    「なぜ」を5回くり返す分析法については、いくつかの書籍があり、またWEB上にも手法を解説したページがたくさんあります。そして、専門の指導者もたくさんおられるようです。

    私はこの手法をどのように学び、習得していったらいいのかを探るため、これらの資料を概観して、効果のありそうなポイントをピックアップして一つのテキストにまとめてみました。

    手法の目的はあくまで問題の再発防止です。

    そこにつながる「なぜ」をどのように導いていくかがポイントになりますね。

    このテキストを使って、中国人を対象に既に何回かの研修を行ったところ、非常に盛り上がり、最後に行う練習問題の結果を見ても、手法のポイントがよく理解できていると判断できました。

    このテキストの出来栄えに、確かな手応えを感じています。

    そこで、せっかくの機会なので、このテキストを先着5名様に無料でプレゼントすることにいたしました。

    中国語版と日本語版の両方をPDFファイルにてご提供いたします!

    もしご興味がありましたら、このメールへの返信(yazaki@a-solgp.com)で「なぜなぜ5回分析法」テキスト送付希望!
    と書いて送信ください。

    簡単なアンケートにお答えいただいた上でご提供いたします。

    現状として、「なぜ」を5回くり返す分析のやり方は人によって言っていることが多少違うところもあり、まだ手法としては発展途上にあるように感じています。

    その中で誰もが同じポイントを指摘していて、私もそうだなと思えたものが「逆から読んで成り立つかチェックする。」です。

    「なぜ」を5回くり返していくと、論理が飛躍してしまうことがあり、再発防止策が見つからないことがあります。

    例えば、机の上に置いていた契約書が床に落ちていたという問題に対して、

    ①なぜ床に落ちたのか?
    →窓が開いていたから

    と展開した場合、逆から読んでみて、窓が開いていたら契約書は床に落ちるのか?をチェックするというやり方です。

    きっと風が吹いて落ちたのでしょうが、窓が開いているだけでは契約書は落ちませんから、そこに論理の飛躍があることに気が付くことができます。

    今回作成したテキストには、上記のようなポイントが事例を交えてわかりやすく解説してあります。

    一読するだけでも理解しやすいと思いますが、最後の練習問題をみんなで一緒に解いていただけると、より一層理解できるようです。

    独りで悶々と「なぜ」をくり返すよりも、複数の人であれこれ議論しながら進める方が楽しいですね。

    繰り返しになりますが、もしこのテキストにご興味がありましたら、先着5名様にご提供いたしますので、このメールへの返信(yazaki@a-solgp.com)で「なぜなぜ5回分析法」テキスト送付希望!
    と書いて送信ください。

    簡単なアンケートにお答えいただいた上でご提供いたします。

    今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

    これまで定期カイゼン通信でご案内していた「現場カイゼン塾 実務者編」ですが、4月からスタートしました。お陰様で定員を上回る30名となりましたので、2クラスに分けています。

    http://www.a-solsh.com/kaizenjuku_jitsumu2.php

    また、5月度の無料現場カイゼン診断も受付中です。

    詳しくはこちら
    http://www.a-solsh.com/kaizen12.php

    それではまた、皆さまのお役に立ちそうな情報があったら配信させていただきます。

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会

    矢崎早人

    ==== この定期カイゼン通信の目的 ========
    この定期カイゼン通信は、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。その事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがありましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。

    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さい。

    **********************************************************
    当研究会の理念は「感謝」です。
    当研究会の仕事は、「現場で起こった問題をトヨタ生産方式(TPS)やITを活用して
    解決し感謝される事」です。現場で困ったら、まずはご一報を!!
    相談無料です。http://www.a-solsh.com/kaizen/kaizen.php
    *********************************************************

    生産,物流現場カイゼン研究会 中国支店
    現場カイゼン診断士/総経理      門脇 圭
    (上海市中小企業発展服務中心 中日企業合作推進理事会 副理事長)
    M/P +86-1391-866-5473/+86-1861-610-2612

    一般社団法人 生産、物流現場カイゼン研究会
    〒204-0021 東京都清瀬市元町1-1-10清瀬ビル215B
    Tel: +81(0)42-494-8270 Fax:+81(0)42-494-8271

    帝訊信息技術(上海)有限公司(a-Sol上海)
    上海市長寧区金鐘路658弄
    東華大学国家大学科技園2号楼A座301
    Tel: +86-(0)21-6440-1765 or 6432-5544
    Fax:+86-(0)21-6432-6768

    A-SOL HONGKONG COMPANY LIMITED(a-Sol香港)
    Suite 2203,Level22 Office Tower, Langham Place8 Argyle Street Mongkok, Kowloon Hong Kong
    Tel: +85-(0)2-34234664 Fax:+85-(0)2-34234500

    株式会社a-Sol Japan
    〒204-0021 東京都清瀬市元町1-1-10清瀬ビル215B
    Tel: +81(0)42-494-8270 Fax:+81(0)42-494-8271

    a-Sol (Thailand) Co.,Ltd.
    24 Prime Building. 12 Fl., Unit A, Sukhumvit 21 (Asok) Rd., Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110
    TEL : 66 (0) 2-661-7697 FAX : 66 (0) 2-661-7739
    MP:+66-62-590-0830
    http://www.a-solsh.com
    生産、物流現場カイゼンNews Letterはこちら!!
    http://china.a-solsh.com/blog/
    現場カイゼン塾沪江网校のURLはこちら!!
    http://www.hjclass.com/16241841/intro

    *********************************************************

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で1861社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ