• a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

    中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
    > トップ > 中国生産、物流現場カイゼン情報センター > 現場に溢れているバーコードを活用しましょう! カイゼン情報センター

    中国生産現場カイゼンメニュー

    毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

    無料にて業務カイゼン診断、診断後に
    提案書進呈!!

    中国生産現場無料お悩み相談受付中!

    カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
    24時間以内に回答!!

    部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

    中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
    16年2364社のカイゼン実績!!

    誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

    トレーサビリティーシステムの決定版!!
    無料DemoDVD進呈中!

    SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

    中国で130ライセンス以上の販売実績。
    全中国対応!

    物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

    製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
    バーコードを活用しカイゼン!!

    不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

    不良流出していた生産現場がどうやって
    カイゼンしたのか?

    カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

    カンバンにはバーコードが必須!
    事例25社公開中。全中対応可

    現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

    投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
    生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
    >>現場カイゼン塾《実務者編》

    現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

    相手の能力や自発性を引き出すための
    コミュニケーションスキル

    生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

    自動車メーカが望む本当の
    静電気対策の決定版

    プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

    自らカイゼンを実行できる社内の
    人材を半年~1年間かけて育成。

    現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

    設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
    稼働率の見える化を行います!!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    注文後最短1時間で出荷!!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    自動車部品メーカー396社
    の調査を元に研究開発!
    バーコード出荷検証システム EasyVerify!

    TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
    ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
    現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    システム化して管理・間接作業者の工
    数削減をしたいけど…
    どこをシステム化すれば投資対効
    果が高いかわからない…などなど
    あなたの現場システム化のお悩みを
    毎月限定 3 社のみ無料現場診断!

    シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

    IoTを駆使して、
    -設備稼働率の自動収集
    -生産出来高の手書き日報排除
    -生産進捗のリアルタイムな見える化
    -設備保全レポートの集約管理と予防保全
    への移行
    したい方は他にいませんか?

    もし、あなたの現場が
    まだ手書きで作業日報を
    記入しているとしたら…
    工場全体の工数を低減させる
    大チャンスかもしれません…

    中国生産現場カイゼン情報センター

    中国生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店へのお問い合わせ

    皆さん
    こんにちは!

    生産、物流現場カイゼン研究会中国支店の矢崎早人(やざき はやと)です!
    (矢崎の詳細プロフィールはこちら! http://china.a-solsh.com/staff_details04.html

    当研究会では中国の検索サイト「百度(baidu)」を使ったネット広告を行っています。
    ネット広告の世界では、ユーザーが入力するキーワードに応じて広告が掲載され、広告料が決まりますので、どんなキーワードが多く検索されているかが非常に重要になります。

    そこで、直近1ヶ月で「バーコード」を意味する「条形码」と「条码」が百度(baidu)で何回検索されたかを調べてみました。
    すると、159,000回/月も検索されていました!

    通常1万回/月以上検索されているキーワードは多いと判断できますので、中国でもバーコードを活用した作業や管理に関心が高まっていると言えると思います。

    というのも、つい数年前までは、現場診断で訪問させていただいた工場や倉庫のご担当にバーコード管理の有効性がまったく理解されないことが多かったからです。
    例えば、部品や仕入品の入庫時にバーコードが印刷された管理用のシールを一箱ずつ貼っていくという作業に対して、非常に手間がかかりムダであるという指摘をいただいたことが何度もありました。

    当研究会は2003年から中国に進出している日系大手企業を中心にバーコードを使った在庫管理システムをご提供してきました。
    大手企業のほとんどは日本で既に同様のシステムを利用していましたので、中国での導入に対してそれほど違和感がなかったようですが、中小企業においてはまだまだ馴染みがあるとは言えなかったと思います。

    そして、最近でもそうなのですが、バーコード管理を行っていないお客さまの現場を見渡してみると、実はサプライヤーや顧客から届く物の上にはたくさんのバーコードが付いているのです。つまり、バーコードが現場に溢れているのです。

    これを活用しないのは実にもったいない!!と私は思ってしまいます。。。

    ところで、バーコードを使った管理がなかなか進まないのはどうしてなのでしょうか?
    大きく3つの理由があるのではないかと思います。

    1.バーコードを使うと何がよくなるのかよくわからない

    バーコードを使えば正確でミスのない作業ができそうなイメージはありますが、具体的にどんなメリットがあるかわからないので、踏み出せないというケースです。
    実はバーコードを使った管理のメリットは人為的な作業ミスの防止、そしてその作業の時間短縮であると言えます。

    人為的な作業ミスの内容は次の通りです。

    (1)単純なミス。紙への記入やPCへの入力など、人手がかかるほどミスが増える。
    (2)取り違えのミス。外観や品番等の番号が似ていると、同じものと誤認してしまう。
    (3)記録の遅れ。記録するのが遅くなったり、漏れが生じたりする。
    (4)思い込みによるミス。大きなミスにつながる可能性がある

    人間なのでミスはつきものなのですが、だから仕方が無い!とは言えない状況になってきていますよね。
    ここ中国でも、毎月のミスの回数や損失金額が顧客先で評価され、悪いところは淘汰されていく時代になっているのではないでしょうか!!

    ですので、たった一つのミスでも発生を防ぐことができるようバーコードを使った検証やポカヨケを利用するのは有効だと思います。

    また、バーコードを使うことはデータ化を容易にしますので、データの紐付けによる在庫管理や工程管理など、実データにもとづくリアルタイムのシステム管理を可能とします。

    2.投資金額が高い

    バーコードを使った管理をしたいとは思っているけれども、システム会社に問い合わせをすると予想外に高い見積が出てきて断念してしまうケースです。
    これは当研究会でも耳が痛い話なのですが、バーコードを活用した管理を全く行ったことが無いお客さまの場合、ご要望の内容とシステム化に必要なお見積の金額はつり合わないことが多いです。

    その場合は一度に全面的にシステムを導入するのではなくて、ステップに分けて部分的に導入していくことをお勧めしています。

    つまり、本当に必要な部分から優先的に進めて行くことで、より精査されたシステムになるのです。

    また、投資金額は大きく分けるとハードウェア費用とソフトウェア費用との2つに分けられます。

    ハードウェア費用は、バーコードを読むための機器、ラベル専用プリンター、データサーバーなどに分けられます。
    特にバーコードを読むための機器は1台当たり数千元しますので、作業者の人数によって欲しいだけ買ってしまうと大きな出費となってしまいます。

    どうしても初期投資を抑えたい場合は、作業者が持っているスマホを使うこともできます。
    スマホだと機能は限られ、読み取りの時間も長くなりますが、すぐに始められる方法です。

    一方、ソフトウェアについては、大がかりな在庫管理システムやトレーサビリティシステムを導入するとなると、カスタマイズや導入時間もかかり高額になってしまうので、まずは簡単な出荷検証やデータ収集から始めるのがいいですね。
    1台当たり数千元するバーコードを読むための機器には、あらかじめインストールされている簡単な検証システムがあります。

    例えば、これから出荷する製品のバーコードを登録し、出荷品の一箱一箱のバーコードを読み取ってOKかNGを返してくれます。 目視では見落としてしまうかもしれない検証もバーコードなら間違えることがありません。

    スマホを使う場合は、アプリをインストールすれば簡単な検証ができるようになります。 読み取り作業が少し手間になるかもしれませんが、すぐに開始できますね。

    上記の方法で現場にあるバーコードを活用した管理を始めると、次は独自の管理用バーコードの発行が必要になるかもしれません。
    バーコード発行のための専用ソフトウェアは数多くあるのですが、初期投資を抑える方法として、パソコン内に無料のバーコードフォントを追加してエクセルやワードでバーコードを印刷する方法があります。

    3.現場スタッフが使いこなせるか不安である

    バーコードを使った管理システムを導入しても、複雑なため現場スタッフが使ってくれないのではないかと心配して足踏みしてしまうケースです。
    これは2でも触れたように一度に全面的にシステムを導入すると起こりうる状況ですので、ステップを分けて部分的に導入していくのがよいと思います。
    ただ、それでも限界はあります。

    例えば、現場の5Sがぜんぜんできていないような場合は、バーコード管理システムを導入してもうまく使いこなせないと思います。
    システムの導入後はルールに従って作業を進めることがより強化されますので、5Sが維持継続できてないということは、ルールを守る現場になっていないことを示しているからです。 その場合、当研究会では、まずバーコードを活用したシステムの導入の前に、現場カイゼン指導を実施させていただいています。
    システムだけではモノは動きませんし、それを担う人材育成とセットで進めて行くことが一番の早道であると考えています。

    さて、長々と申し上げてしまいましたが、もし皆さんの現場でまだ上手にバーコードを活用した管理ができていないなどのお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください!

    いろいろな解決事例やノウハウをお伝えいたしますね。
    お申し込みの際は、下記に必要事項を記入して、このメールにご返信ください。

    貴社名: ________________
    貴社住所: ________________
    ご担当者名: ________________
    メールアドレス: ________________
    電話番号: ________________
    バーコード活用のお困りごと: ____________________

    皆さんからのご連絡お待ちしております!

    生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店
    矢崎早人

    ==== このニュースレターの目的 ========
    このニュースレターは、生産現場、物流現場で孤軍奮闘されている方へ、また、 日本で中国のオペレーションを管理している方へ少しでもお役に立てればと思 い、発行させていただいております。我々は、生産現場、物流現場向けの業務 カイゼンのためのシステムを製造販売しておりますが、システム導入に限らず 皆様のご苦労、問題を解決する事を第一の仕事としております。

    コストカイゼンを含めた様々なカイゼン事例がたくさん蓄積されています。そ の事例を皆さんでシェアすることが、最短距離での解決方法ではないかと思い、 ニュースレターを発行しています。お問合わせや、お聞きになりたいことがあ りましたら、このメールに直接返信して頂いて結構です。
    当研究会では、しつこい売り込みは一切ないので、安心してお問い合わせ下さ い。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    当研究会のHPはこちら!!
    http://www.a-solsh.com
    ご連絡は中国からは400-670-4649 フリーダイヤル、24H365日受付中、
    日本からは+86-21-6440-1765 /86-21-6432-5544
    受付時間は平日9:00~18:00までです。
    担当:池田  日本語、中国語両方OKです!!
    e-mail:yazaki@a-solsh.com
    定期カイゼン通信のバックナンバーはこちら!!
    http://china.a-solsh.com/mailmagazine.html
    +++++++++++++++++++++++

    【お電話でのご相談】全中国対応!日本からも可!

    >>中国で659社の実績がある当研究会へのオンライン相談(24時間受付)はこちら

    ↑このページのTOPへ