a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
> トップ > カイゼン成功者の声 > バーコードを活用した在庫管理システムを導入したお客様 カイゼン成功者の声

中国生産現場カイゼンメニュー

毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

無料にて業務カイゼン診断、診断後に
提案書進呈!!

中国生産現場無料お悩み相談受付中!

カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
24時間以内に回答!!

部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
16年2364社のカイゼン実績!!

誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

トレーサビリティーシステムの決定版!!
無料DemoDVD進呈中!

SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

中国で130ライセンス以上の販売実績。
全中国対応!

物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
バーコードを活用しカイゼン!!

不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

不良流出していた生産現場がどうやって
カイゼンしたのか?

カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

カンバンにはバーコードが必須!
事例25社公開中。全中対応可

現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
>>現場カイゼン塾《実務者編》

現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

相手の能力や自発性を引き出すための
コミュニケーションスキル

生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

自動車メーカが望む本当の
静電気対策の決定版

プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

自らカイゼンを実行できる社内の
人材を半年~1年間かけて育成。

現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
稼働率の見える化を行います!!!

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

注文後最短1時間で出荷!!

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

自動車部品メーカー396社
の調査を元に研究開発!
バーコード出荷検証システム EasyVerify!

TPMとは何か??TPMの進め方、保全管理の進め方など基礎の基礎から学習!
ロスゼロを目指し自らカイゼン活動をする設備保全・管理者を育成します。
現場カイゼン塾≪設備保全・管理者編≫

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

システム化して管理・間接作業者の工
数削減をしたいけど…
どこをシステム化すれば投資対効
果が高いかわからない…などなど
あなたの現場システム化のお悩みを
毎月限定 3 社のみ無料現場診断!

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

IoTを駆使して、
-設備稼働率の自動収集
-生産出来高の手書き日報排除
-生産進捗のリアルタイムな見える化
-設備保全レポートの集約管理と予防保全
への移行
したい方は他にいませんか?

もし、あなたの現場が
まだ手書きで作業日報を
記入しているとしたら…
工場全体の工数を低減させる
大チャンスかもしれません…

バーコードを活用した在庫管理システムを導入したお客様

寧波楽誼服飾有限公司 加藤様/青木副総経理
寧波楽誼服飾有限公司 加藤様/青木副総経理
次の社長会で他工場に提案しますよ!!このシステムであれば、他の工場でも効果出ますからね!!!このシステムはもう立派な社員の一人です!
愛着を持って長く使いたいので皆で名前まで決めちゃいました!!
>>成功者の声一覧へ戻る

本日は、寧波楽誼服飾整理有限公司にお邪魔させて頂き、当研究会で導入したシステムについてお話を伺いたいと思います。

カットソーの名産地寧波にある大きな検品センターです。上海からは車で2時間程の場所になります。)

この寧波楽誼服飾整理様で取扱っていらっしゃる商品は主に、カットソー、布帛製品、寝具などのアパレル商品です。また、出張による検品作業を行われています。 お客様インタビューは今回のプロジェクトの総指揮をされた副総経理 青木藤江様に行わせて頂きました。

インタビュアー

お忙しいところ、お時間頂き、ありがとうございます。

青木さん

こちらこそ、遠路はるばるありがとうございます。

加藤さん

寧波までご訪問ありがとうございます。

インタビュアー

それでは早速ですが、生産現場カイゼン研究会(a-Sol)で開発された在庫管理システム「消息收集Intelligence_ai」に関してお伺いさせてください。
こちらのシステムにつきましては、機械的なシステム名ではなく、愛着のある名前をつけられていますが、どのような理由があって名前をつけられたのですか??

青木さん

システムの名前ですが、システムとは言え、立派なスタッフの一員と考え、堅苦しい「在庫管理システム」という名前ではなく、親しみを込め名前をつけました。

インタビュアー

なるほど。親しみのある名前でしたら、大切に長く大事に使っていただけますもんね。

インタビュアー

それでは、システムの導入前に直面していた点を具体的に教えて頂きませんか?

青木さん

弊社は、アパレル製品を生産、検針、検品しております。その中で製品値札のつけ間違えといった問題や、梱包数量間違えといったことが発生しており、日々困っていたところです。

インタビュアー

そういった問題に対して、なぜシステムを活用して業務カイゼン、現場カイゼンを行うことを決断されたのですか?

青木さん

やはり人手だけによる業務の精度に、限界を感じ、システムを活用した現場カイゼンを決めました。

インタビュアー

そうなんですか。今回導入したシステムは、この抱えられていた問題点を解決できましたか??

青木さん

解決はできています。具体的には、マスタ管理されている製品情報と製品に取り付けた値札情報(バーコード付)をスキャンすることによって付け間違え防止できます。また、梱包時に全ての値札をバーコードハンディーターミナルでスキャンし、指定数量検証を行うことにより、数量間違えを防止します。

インタビュアー

そうなんですか。作業毎にシステムがどのように活用されているのかご説明してもらえませんか?

青木さん

まず、各製品のマスタ登録(種類、サイズ、色、数量)を行います。このデータをバーコードハンディーターミナルにダウンロードします。
その後、梱包作業開始前にバーコードハンディーターミナル上で梱包入り数、製品を指定します。梱包の際、製品1つ1つの下げ札(バーコード付)のバーコードをスキャンします。
スキャンの重複を防ぐ為に、仕切りをおくこと、スキャンと梱包は、別の作業員が行うことを徹底しています。
(実作業風景です。)

青木さん

作業中、指定された梱包数量と実際の梱包数が上回る場合や下げ札(バーコード付)が指定されたデータと違った場合のいずれかが発生した場合、バーコードハンディーターミナルがアラームと振動により、作業者にエラーを知らせます。
作業終了後、PCへアップロードしパッキングリストを発行させます。
(パッキングリスト出力中!!)

インタビュアー

以前は、どんな形で作業をされていたのですか?

青木さん

今まではシステムがなかった時は、枚数を一枚一枚数え、出荷指示と現品の検証作業を人手で行っていました。これによりパッキングリストの作成に3時間かかっていたんです。しかも、梱包された数量が間違っていたり、商品が正しくなかったりで、お客様にご迷惑をお掛けしてしまった事も結構ありました。

インタビュアー

それは、無駄な作業をされていたのですね。けっこうロスも出ていたんですか??

青木さん

それを、止めるために今回のシステム導入に踏み切ったわけなんです。お客様にご迷惑をお掛けする事もなく、問題発生時に1回、数十万円掛かっていた発生するコストもゼロにできました。そして、出荷間違いゼロ!数量間違えゼロ!を実現できました。また、パッキングリスト作成は数秒で行えるようになりました。

インタビュアー

すばらしいですね。でも、デメリットはないのですか?

青木さん

上げるとすれば、まだ作業が慣れてない部分もあり、若干人が掛かってしまっている点ですかね?それでも、ロスを防ぐことができれば、トータルで全然プラスですね。

インタビュアー

それでは、寧波楽誼服飾整理様以外にも今後導入をされていくのでしょうか?

加藤さん

今後、関係会社(北京、天津、上海)の総経理総会にて、提案したいと思っています。すべて導入できれば、梱包間違いを完全にストップできると考えています!

インタビュアー

生産現場カイゼン研究会(a-Sol)でお願いされたシステム開発が初めてのプロジェクトになりますが、どういった理由で開発をお願いされたのですか?

青木さん

我々のお客様に当たる会社で生産現場カイゼン研究会(a-Sol)がシステムを活用したカイゼンを実行されていました。それを見て、弊社にも活用できるのではないかと思い、お声を掛けました。
ご担当された方が多くの経験を持たれた方で、弊社の困っている点、問題点の指摘、その解決方法を適切に教えてもらった事が決め手になりました。

インタビュアー

導入までに大きなトラブルはなかったのですか?

青木さん

仕様決めまでは大変スムースに進みました。が、我々が予測していたよりも、若干時間が掛かってしまったようですね。どうやら、かなり多くのお仕事が立て込んでいたようでした。順番待ちの状態でしたかね・・・

インタビュアー

今後生産現場カイゼン研究会(a-Sol)に期待されていることはありますか?

青木さん

次のステップとして、不良品管理を行いたいと思っています。またこれ以外にも、生産現場カイゼン研究会(a-Sol)の様々な経験を基に、業務カイゼンを実現するような提案、弊社の問題解決を引き続き行って欲しいとおもっています。

インタビュアー

今日はお急がしいところ、ありがとうございました。

加藤さん、青木さん

こちらこそありがとうございました。

↑このページのTOPへ