a-sol 生産、物流現場カイゼン研究会 中国支店

中国生産現場カイゼンのプロフェショナルへお気軽にご相談ください +86-21-6440-1765  400-640-1765
> トップ > カイゼン成功者の声 > フルカスタマイズの生産管理システムを導入されたお客様の声 カイゼン成功者の声

中国生産現場カイゼンメニュー

毎月先着5社無料現場カイゼン診断! 申し込みはお早めに!!

無料にて業務カイゼン診断、診断後に
提案書進呈!!

中国生産現場無料お悩み相談受付中!

カイゼンのプロが御社の現場でのお悩みを
24時間以内に回答!!

部材在庫、製品在庫、在庫管理できていますか?

中国の在庫管理はバーコード活用が常識。
14年1861社のカイゼン実績!!

誰が何時、どこで生産し、出荷したかわかりますか??

トレーサビリティーシステムの決定版!!
無料DemoDVD進呈中!

SMT実装、誤実装ありませんか??在庫管理できていますか?

中国で130ライセンス以上の販売実績。
全中国対応!

物流作業、倉庫作業のカイゼン!ミスを防ぐ仕組みありますか?

製品在庫管理、出荷管理の煩雑な業務を
バーコードを活用しカイゼン!!

不良品はこうやってなくせる!人の目よりも機械の目!

不良流出していた生産現場がどうやって
カイゼンしたのか?

カンバン導入成功の鍵は作業ミスをなくせ!!

カンバンにはバーコードが必須!
事例25社公開中。全中対応可

現場カイゼン塾でカイゼンの基礎から応用までをトヨタOBが教育!!!

投資対効果、平均18.25倍のカイゼン効果金額達成!
生産性、品質を向上させ、自らカイゼンできるリーダーを6日間で育成。 限定20名。
>>現場カイゼン塾《実務者編-2017年-》

現場のコミュニケーションを良くするための1日リーダー研修

相手の能力や自発性を引き出すための
コミュニケーションスキル

生産現場の静電気対策そんなんでいいんですか??

自動車メーカが望む本当の
静電気対策の決定版

プロのカイゼニスト派遣による自社のカイゼン人材育成!

自らカイゼンを実行できる社内の
人材を半年~1年間かけて育成。

現場設備の異常をすぐに察知しカイゼン方法を分析する仕組みはありますか??

設備の異常を携帯電話へすぐお知らせ!!
稼働率の見える化を行います!!!

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

注文後最短1時間で出荷!!

シマムラ値札、下げ札印字業務のプロフェッショナル

自動車部品メーカー396社
の調査を元に研究開発!
バーコード出荷検証システム EasyVerify!

フルカスタマイズの生産管理システムを導入されたお客様の声

新日石(広州)潤滑油有限公司 計画系係長:張軍様
新日石(広州)潤滑油有限公司 計画系係長:張軍様
カイゼン研究会は一言でいうと、プロだと思います。プロというのは、単にITのプロという意味だけではなくて、業務を理解して、それをシステムとして実現するという意味でのプロですね。このシステムはかなり広範囲に渡る業務をカバーするものとなりましたが、a-Solの技術者は設計段階で、よく当社の業務の理解に努めたと感じています。
>>成功者の声一覧へ戻る

~生産計画情報管理システム(Production Schedule management System:PSS)概要~

既存の営業管理システム、原材料/製品在庫管理システムとシームレスに連携し、営業側からの販売計画数をもとに、2ヶ月先までの原材料(基礎油、添加剤)/製品(潤滑油)の在庫推移状況、製造装置の占有状況等の見える化を実現。
これら予測値をもとに、調合計画、パッキング計画、また原材料購買計画の適正な制定を可能とする。
制定された生産計画をもとに、製造や品質検査の作業指示書を発行、また原材料の発注書発行へと展開、その実績を管理する。

インタビュアー 

弊社システムを導入する前に直面していた問題点は何ですか?

張軍係長

当社の生産業務では、2ヶ月先までの販売見込みをもとに、生産計画の予測を立てる必要があります。
しかし、既存の原材料/製品在庫管理システムは、現在の在庫状況を反映するものであり、未来の在庫状態を予測ができるものではありません。そのため、従来は営業からの計画数をもとにExcelベースで生産計画を立てざるをえず、その計画作業にかなりの時間を要している状況でした。

インタビュアー

システム化にあたって、どのように検討されましたか?

張軍係長

新日石は、日本に標準の生産管理システムを持っており、まずはこのシステムを適用することを考えました。
この生産管理システムは、機能は十分に備わっているのですが、日本側と当社側の業務で異なる部分があり、また、中国語化の必要もありました。
この際、当社の業務に合わせ開発したほうが良いとの判断になり、a-Solに開発を依頼しました。

インタビュアー 

ベンダー選定にあたり、なぜa-Solを選定されたのですか?

張軍係長

a-Solは、既に当社の原材料/製品の在庫管理システム、また営業管理システムを開発、導入した実績がありました。
これらシステムと連携することを考えると、やはりa-Solでの開発が最適と判断しました。

インタビュアー 

もともとは未来の生産計画の予測がシステム化の目的でしたが、完成したシステムは、購買管理、品質管理におよびかなり広範囲をカバーするシステムとなりましたね。

張軍係長

はい。当初のシステム化業務の検討の中で、その生産計画から展開される業務を考えると、サプライヤへの注文発行や製品の検査委託/実績管理といった品質管理の業務のシステム化もやはり必要との判断になり、システム化対象に含めました。

インタビュアー 

現在の運用状況はどのような状況ですか?

張軍係長

現在は試験運用の段階です。6月末まで試験運用を実施し、7月から本運用を開始する計画です。
試験運用の段階で、多少の問題は出ていますが、適宜解決してきており、このままいけば問題なく正式運用にこぎつけると思います。

インタビュアー 

正式運用はまだですが、このシステムを利用することによる効果はどのように考えますか?

張軍係長

適正な在庫を持つことができることです。これにより、コスト低減に貢献できると思います。
それと、生産計画以外に発注や出荷等の業務をカバーしているため、会社全体の業務フローが統一化でき、効率がアップすることが期待できます。

インタビュアー 

a-Solは先行導入の在庫管理システム、営業管理システムから請け負っています。かなり、長期に渡って、貴社とお付き合いしておりますが、a-Solの技術者はいかがでしょう?

張軍係長

一言でいうと、プロだと思います。プロというのは、単にITのプロという意味だけではなくて、業務を理解して、それをシステムとして実現するという意味でのプロです。
今回のPSSは、かなり広範囲に渡る業務をカバーするものとなりましたが、a-Solの技術者は設計段階で、よく当社の業務の理解に努めたと感じます。

インタビュアー 

一般に御社がベンダーに望むことは何でしょうか?

張軍係長

やはり、顧客の実際の作業を理解するということだと思います。また、設計、開発段階で頻繁にコミュニケーションをとり、意思疎通を図ることが重要だと思います。

↑このページのTOPへ